• ホーム
  • タワーマンションは立地にも拘りがある!

タワーマンションは立地にも拘りがある!

高層マンション

タワーマンションは高級分譲物件として、その相場価格は1室あたり1億円を大きく超えることも珍しくありません。
不動産の取引価格や相場額については他の市場と同様に、需要と供給バランスで左右されます。
限定した供給件数に高い人気が集まっているからこそ、高値でも喜んで購入するパターンが数多く存在しているのです。
とはいっても高級マンションの魅力は、優れた資産価値やそれぞれのブランドイメージ、洗練された外観や見栄えなど、見た目に良い印象を与えるものだけに尽きるというわけではありません。
それではタワーマンションの魅力はどこにあるのか、ご紹介していきましょう。

タワーマンションは都市再開発計画事業の一環として、従来のビジネス街などにおいて事業エリアの居住性能を高めるために建てられる場合が多いです。
ランドマークとしての役割が期待されているのです。
よって、地域のランドマークとして、近隣の方はもちろん、遠方から出かけてくる方々にとっても目印になりやすい場所に建設されることが多くなります。

つまり、地域のランドマークとしての存在が期待されている以上は、駅近でアクセスしやすいことが一般的となっています。
ビジネス街の中心やその近隣に立地しているので、アクセスしやすいとの評価を得るには、交通の利便性の良さが高いレベルで要求されることになってきます。
ビジネス街での交通アクセスといえば、通勤のための各社の私鉄が乗り入れる駅に近いことが必須条件になります。
最近では駅の一部と直結して、エントランスを出ると駅にそのまま直結しているタワーマンションもあります。
駅近という通勤のしやすさが、タワーマンションでの部屋探しの際にもポイントの一つになるでしょう。

また、タワーマンションはビジネス街に隣接している立地にあるといっても、生活の場であると言う事実に変わりありません。
快適な日常生活を送るうえで必要不可欠なのは、各種の商業施設の充実ぶりにあります。
商業設備とは百貨店や有名ブランドなども含みますが、身近にあると便利なスーパーやコンビニなども含まれます。
特に突然必要になった品々をいつでも購入できるので、コンビニが身近に複数あれば便利でしょう。
タワーマンションは外観に凝っているので見栄えが良く、デザイン性に富んでいるのがメリットです。
それだけでなく、タワーマンションには立地にもこだわりがあるので、交通アクセスも便利になっており、高い人気を集めていると言えます。

関連記事
人気記事一覧