• ホーム
  • 保育所が近くにあるタワーマンションを探そう!

保育所が近くにあるタワーマンションを探そう!

集合住宅

タワーマンションはRC構造で建築されており、間取りも3LDK以上など、お子さまのいらっしゃるファミリー向けの物件が多いのが特徴です。
ダブルロックや防犯カメラ設置など、セキュリティ面でも充実した設備を有していることも一般的なので、タワーマンションは育ち盛りのお子さま連れのファミリーが居を構えるのに理想的な高級マンションと評価することができるでしょう。

しかし、子育てを前提にタワーマンションで物件探しをするときに大切なのは、周辺の環境に安心することができる条件を満たしていることにあります。
共働きの世帯が主流となりつつある現代にあっては、家庭で子育てのために常に身内の誰かがそばにいるという環境を満たすのは困難になっています。
そこで分譲賃貸型のタワーマンションなどの物件探しをするにあたっては、間取りや共用設備などに注目するだけではなく、周辺の環境が子育てに適しているのかを確認することが重要です。

まず、働きながらの子育てを両立するには、周辺に保育所が存在しているかが大きな意味を持ってきます。
タワーマンションの近くに保育所がなければ、放置していくわけにはいかないので預け先がない、あるいは預け先が遠くても仕事をするうえで非常に困ります。
また、仕事の都合上、深夜まで預かってくれる態勢が確立されている保育所もあれば、なお安心です。

深夜まで子供を預かることに対応している保育所を確保できる見込みがあっても、ある程度成長すれば、子供の行動範囲も広がってくるはずです。
親御さんと共に外出する機会もあるでしょうが、ある程度の年齢になれば同年代の友達同士で遊ぶための活動の場が確保されていることも大事です。
周辺に子供たちだけで遊びに行き、ある程度放置していても心配せずに遊ぶことができる公園などが整備されているかも、チェックポイントの一つと言えるでしょう。
仮に公園が整備されていても、不審人物が身を隠すことができるような空間がないか、子供だけで遊ばせても不審者や侵入窃盗犯の被害などの心配をする必要のない空間であるか、確認することは大切です。
そういった公園がタワーマンションの周辺にあるということも、気兼ねなく子育てを行ううえでは重要です。

そして子供がいる家庭では、何かと買い物などで外出する機会が増えるものです。
そこでタワーマンションでの物件選びにおいても、駅への距離などの交通アクセスも大切な要素になります。
タワーマンションの中には、駅に直結している物件もありますが、少なくとも身近な駅から徒歩10分圏内に立地しているのが望ましいと言えます。
親御さんの通勤はもちろん、子供が成長して通学などのために交通アクセスが重要になってくることを考えると、駅直結は大変理想的です。
駅直結が無理でも、徒歩10分圏以内がベターと言えます。

関連記事
人気記事一覧